展示 -exhibition-

過去の展示 The past exhibition

11月10日㈯デザフェス参加 J-226





小さなころ、よく母の運転する車の後部座席で

お人形のふりをしていた。

ひっくり返って、足を投げ出し、揺られるままに。

「通り過ぎていく人が人形だと間違えてくれないだろうか」

そう願いながら。

かわいいブローチを見つけたときもそう思った。

「私が人形ならこのまま頭にブローチを留めてしまえるのに」

残念ながら私は人間で、ひっくり返って見せていた靴下は汚れていたし

ブローチピンを頭に刺すのは痛くて無理だった。

 

人形は痛くない。

拐されても、ピンを刺されても、汚されても、傷つきはしない。

いや、傷ついても気にしない。

求められるがままに、求められたままを差し出す。

その存在が恐ろしく、愛おしい。

 

欲求が満たされれば人形は放り出される。

放り出されるまでが、人形なのじゃないかな、と思う。

 


コンドウミク(近未来)

1983年

大分県出身

埼玉県在住

 

大分県立芸術文化短期大学付属緑ヶ丘高校美術科卒業

大分県立芸術文化短期大学陶芸専攻卒業

高校在学中、四谷シモンの大規模個展に大分で遭遇。

人形に衝撃を受ける。

短大卒業後エコール・ド・シモンにて四谷シモンに師事

 

高校在学中から人形を独学で制作

コンドウミクが名前

近未来はあだ名

 

Twitter   @pygmalion39

Instagram  Kondoumiku

note                  kinmiraidou